歴史は繰り返し?

Home  > --年--月  スポンサー広告 > This Entry 2006年01月  日記 - 未分類 > This Entry 

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/12 (木)

神戸新聞: イタイイタイ病発生か 湖南省のカドミウム汚染
中国有力紙、中国青年報は11日までに、同国湖南省を流れる湘江でカドミウム汚染が発生した問題で、流域住民がイタイイタイ病に似た症状を起こして死亡した例があることを明らかにした。同紙によると、死亡した住民はカドミウム汚染の影響で体内のカルシウムが流れ出し、死亡するまでに全身56カ所を骨折したという。骨軟化症や骨粗しょう症を引き起こすイタイイタイ病特有の症状とみられる。

こういった経験を経てしか、環境問題というものを認識できないとしたら、まずいよなぁ…。どの国も日本のような発展の道を辿っていくのだとしたら、いつか取り返しのつかない事態が起こるんじゃないかと思う。それを防ぐためにも、我々は経済発展の副作用として「ゴミ問題やら大気汚染、水質汚濁なんかが起こるから、環境にも配慮して!」や「長期的視野を持って!」などと途上国対し訴えていく必要があるんだろうけど、どんなに日本がこれらについて訴えても、途上国は聞く耳を持ってくれないような気もする。

どうすればこの問題を解決できるんだろう。環境問題を問題として捉える感覚が身についていないことが原因だろうから、ここはやはり地道に意識改革からやるしかないのかな…。


Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示させる

Trackback

http://mio2.blog2.fc2.com/tb.php/487-3b437bed

Home | PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。