高さ230cm!!

Home  > --年--月  スポンサー広告 > This Entry 2007年02月  日記 - とある1コマ > This Entry 

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/06 (火)

本日の投稿は、Nっちの卒業設計ほぼ完成記念といたしまして、なぜかお蔵入りになってた昨夏の記事(メモか?)をそっくりそのままお送りします! ほいっ↓

関西人を自称しながら未だに和歌山に訪れたことが無いというのはまずいと思い、和歌山に行っこかー(←もちろんICOCAでね。うわっ、おもんね~)と向かったんけど、和歌山に大雨洪水警報が発令され、あっさり引き返す。(←大阪手前あたりから空の色やばかったもん)

雨が来ても安心な町(←屋根ある)、京都に逃げ込み、新京極らへんの古着屋で時間を潰すが、私の目にかなう品に巡り合えず…、という割にはしっかり1万円ほど買い込む(←いつものパターン)。

ひとりで時間を潰すあてが無くなり昔の仲間に連絡を取ったけど、皆から忙しいと断られ、寂しい思いに浸る。

ヒマでヒマで、湖岸で釣りしてる人をぼーっと眺めたり、湖面に石を投げつけたりしちゃうほどヒマになる。

唯一Nっちという建築学科の友人だけ、卒業設計で猫の手も借りたいほどだというので、ここは私が一肌脱いでやることにする。

蹴上にある都ホテルの天井の高さ(←を中心に)を、超恥ずかしい思いをしながらちまちま計測する。

すると下垂庵では、階段以外のほぼすべての場所でぴったし230センチであることが判明! 感動の報告を行なうも、「知ってるで、7尺やろ。昔の建築は大体そうなってるねん」との返事が…。はうっ

まんまとはめられたね、自分。でもいいんだ…。メイド服?的なものを着たおばはん従業員や、宿泊客らしき外国人らから熱い視線を浴び、激写されたのは、カシャカシャと派手な音を立てて5mメジャーを振り回す自分が、さながら現代のサムライのように映ったからに違いないんだから…。(完)


Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示させる

Trackback

http://mio2.blog2.fc2.com/tb.php/583-47ec5cad

Home | PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。